カリキュラムと特徴

 指ヨガは運動面や健康面、リラクゼーションの面が印象に残りやすいかもしれません。実際にそこが魅力的で養成講座を受講される方も多いです。福元の講座ではテキストに沿った基本の指ヨガに『ヨガ的・瞑想的に取り組むコツ』を加味して取り組み、真の意味での健康についても一緒に考えて実践していけるように養成講座を進めていきます。たとえば、「○○をすれば△△の効果がある」といった一方方向の単一的な解釈から『多角的な物の見方・考え方』を身につけることで、既存のテクニックを応用して様々な指ヨガができるようにし、『自分が自分の医者になる』土台を養成できればと思っています。『呼吸・動作・意識・感覚』を通じて『テクニックを超えた指ヨガ』を目指します。徹底的に体感し、そして知識や指ヨガの基本的考え・+αを頭に入れていきます。ヨガ経験や体の柔軟性、年齢性別国籍等は問いません。

 

★福元は龍村式指ヨガマスターインストラクターで、龍村式指ヨガの指導者養成ができます。(2010年より指導者を養成しています)

 

 

【まずは体感理解】

福元の講座では、まず『指ヨガミニ講座』で指ヨガがどのようなものかを体感的に理解します。指ヨガの書籍が数冊出版されていますが、なるべくそれらの書籍に載っていない指ヨガをご紹介するようにしています。多くの指ヨガテクニックに触れていただき、ご自分でオリジナルの指ヨガを編み出して応用力を高めるためです。

※画像クリックで拡大できます

 

 

【体感したことを頭でも理解する】

 

次に協会のテキストに沿って理解を深めます。併せて福元作成のオリジナルテキストで指ヨガに必要な要素を補完します。

※画像クリックで学大できます

Curriculum

0.指ヨガミニ講座

1.手のひらセルフケアとは

2.部分即全体という考え方

3.手指と全身の相関関係

4.手と脳の深い関係

5.ペアハンドヒーリング10の操法

6.医事法規

 

画像クリックで拡大できます


Charactaristics

 昨今よく見聞きする瞑想ですが、その源流は『知覚』、つまり感覚の観察です。感覚の観察が心の安定や自然治癒力を引き出すので、欧米をはじめ世界的に流行しているのではないでしょうか。

 手指は『露出した脳』と言われていて感覚の最も鋭い部位のひとつです。ですから知覚瞑想の入り口として指ヨガは最適です。

 知覚瞑想の代表であるヴィパッサナー瞑想10日間研修やプレクシャ瞑想指導士講座を修了した学びと経験を最大限に活かし、瞑想的な指ヨガ、それに付随する真の健康等を一緒に学び合えるよう進めていきます。

 

↑クリックすると画像が拡大表示できます↑